有機野菜・無農薬野菜 やさい暮らし

やさい暮らしは、有機農家を選んで有機野菜・無農薬野菜宅配する、野菜のセレクトショップです。有機農家のつくる心のこもった有機野菜・無農薬野菜を農家産直で宅配します。 
有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」
 
有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」

 
 
特別農産物とは
 
ずいぶん前から、「無農薬野菜」「減農薬野菜」という表示を見かけなくなったと思いませんか?

実は、平成4年に「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」というものが制定され、これまで「無農薬野菜」「減農薬野菜」と呼ばれているものが、「特別栽培農産物」と総称されるようになりました。

この表示を見ただけですと、有機野菜とどう違うのか、農薬をつかっているのかいないのか、ということが分かりづらいかと思います。

以下に整理しましたので、参考にしてみてください。
 
 
 特別農産物って何?
 

特別農産物とは、以下のものを表示する呼び方です。

1: 農薬の使用回数が、同じ地域の普通の栽培よりも、5割以下で栽培された野菜や米

2: 化学肥料の窒素成分量が、同じ地域の普通の栽培よりも、5割以下で栽培された野菜や米

 
 
 特別農産物の良いところ、悪いところ
 
●良い点

・特別な栽培であることが分かる

パッケージには、農薬はどれだけ使ったか、化学肥料はどれだけ使ったか、栽培責任者の名前、住所、連絡先などを記載することが義務づけられていますので、裏までよく見れば、どのような栽培方法であるかを知ることができます


●悪い点

・何を基準に5割以下としているかという点があいまい

基準となるのは、同じ地域の普通の栽培方法で、それぞれの地方の公共団体が定めることになっています。 そのため、表示上は同じ5割減であっても、日本全国で比較すると、内容にバラツキが出てしまうことが考えられます。

・ガイドラインなので罰則がない

たとえ、違反をしていたとしても、これ自体がガイドラインなので、罰則は与えられません。

・農薬を一切使っていなくても、半分使っても同じ表示になってしまう

農家さんを取材をしていて「たとえ1回でもいいから、農薬を使えればどれだけ楽か」という言葉を聞いたことがあります。農薬を使える栽培と、一切農薬を使わない栽培では、その苦労には差があります。しかし、このガイドラインでは、無農薬という言葉をつかえなくなってしまったので、その差を表現することが、難しくなってしまいました。(パッケージ内に詳細表示は可能です)
 
 
 有機野菜とは、どう比べればよい?
 
「有機野菜」の表示と、「特別農産物」の表示は、残念ながら同じモノサシではつくられていません。

英語検定とTOEICのような違いで、似ているし重複する部分はあるけれど、基準自体が違う、「別の規格」と思っていただければ良いかと思います。

それぞれが、別々に制定されているので、スーパーマーケットなどで両者を選ぶ立場にある生活者の立場からすると、分かりづらくなってしまっているのです。

以下が、これらを簡単に表にしたものです。



やさい暮らしで紹介している農産物は、ピンク色の、農薬や化学肥料を使っていないけれど、有機認定を取得していないため、有機野菜と表示していない農産物になります。
 
 
【参考:】
農林水産省 特別栽培農産物に係る表示ガイドライン
http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/pdf/tokusai_01.pdf
 
   


有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」会社案内 有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」プライバシー 有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」問い合わせ  
Copyright (C) agricoutre.inc. All Rights Reserved.