有機野菜・無農薬野菜 やさい暮らし

やさい暮らしは、有機農家を選んで有機野菜・無農薬野菜宅配する、野菜のセレクトショップです。有機農家のつくる心のこもった有機野菜・無農薬野菜を農家産直で宅配します。 
有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」
 
有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」

 
 
NPO法人 トージバ 事務局長
神澤則生さん
 
 
未来人インタビューの第3回目は、NPOトージバの事務局長 神澤則生さんにお話をお伺いしました。

トージバといえば、都市と農の交流の草分け的存在のNPO。農をかっこよく、都会に住む私たちにとって身近にしていく様々なイベントをプロデュース、実行しています。

東京朝市アースデーマーケットでは、トージバさんと共に、やさい暮らしも実行委員をしているのですが、 神澤さんのアイデアや、活動がとてもすばらしいので、ぜひ、インタビューをさせていただきたいと思っていたのです。

トージバの神澤さんが思い描く、コミュニティのあり方や、場のあり方は、すごく革新的で未来を予感させます。ぜひ、神澤さんのお話を聞いてみてくださいね!

 
■伊藤

こんにちは。
トージバの活動を教えていただけますか?

■神澤さん

トージバは、2002年に今の主要メンバーである渡辺さん、ハッタさんと出逢い、「人と人が気軽に集まれる場」をつくりたいという思いを共にしたことからスタートしました。

トージバという言葉の由来は、銭湯で治療する「湯治場」からきていて、人が出逢い、智恵、技術、個性を交換しあっていけるような「日常の中の湯治場」づくりをしたいという思いをこめています。

2004年に千葉の君津で「笹カフェ」という期間限定のカフェや、東京の足立区で使われなくなった銭湯を使って「銭湯カフェ」を開き、ライブやイベントなどをしたのですが、とても評判がよく、いつの間にか仲間が増え、様々な活動に広がっていきました。

今トージバで行っている活動を大きくまとめると、まず1つに『都市と農村を結ぶとりくみ』というものがあって、その中での具体的な活動としては、「大豆レボリューション」という大豆プロジェクトがります。

これは、大豆トラスト(オーナー制度)や、大豆を通したコミュニティづくりをしています。そして、「バンブーファクトリー」という竹を軸としたプロジェクトでは、竹の有効活用と竹林再生を目指して、竹をつかった「竹テント」などを作っています。

もう一つに『都市でのとりくみ』があって、国分寺のカフェスローでのイベントプロジェクトががあります。

これはNPOのナマケモノクラブ、カフェスローとのコラボで、定期的に「半農半X」のイベントや、「地大豆のイベント」を行っています。そして、「東京朝一アースデーマーケット」というプロジェクトがあり、これは東京に朝市をコンセプトに、東京で朝市を開催しています。これはやさい暮らしも一緒に実行委員をしていますね。

■伊藤

なぜ「場」づくりから、都市と農村の交流のような活動になっていったのですか?

■神澤さん

農業系のNPOにも携わっていたこともあり、農村に行く機会が多かったのですが、そうした経験のなかで、日本の自給率の低さや、遊休農地が多いことが気になりだして、遊休農地のように日本の使われなくなってしまった資源を掘り起こしていくようなことが出来ないかと思うようになりました。

そして、僕の子供がアトピーだったこともあって、食について考えさせられるということもありました。

そこで、「まず、僕たちにできることをはじめよう!」と。
あまり難しくは考えず、とにかく自分たちにできることを、実践してきました。

誰かが実践してリードしていかなくては世の中は変わらないから、頭で考えすぎずに、楽しく実践していくということがとても大切だと思ってるんです。


 

■伊藤

その実践の結果、多くのプロジェクトがあるのですが、トージバ・神澤さんが描いている未来というか、こうなったらいいなというのはどういったもの何なのでしょう。

■神澤さん

僕は多様性ということがとても大切だと思っているんです。

ああじゃないといけないとか、こうじゃないといけないとか、そういったことではなくて、どんな個性も受け入れてしまえばいいんじゃないかなと。

農業などでも、生物多様性は大事というけれど、人間にとっても、何にとっても、多様でそれを受け入れるってことはすごく大事なんですよ。いろんな個性があって、バランスがとれる。僕はそう信じているんです。

社会や都会に関してもそうです。 一概に社会が悪いとか、都会が悪いとかではなくて、それぞれいい部分もあるから、いい部分は取り入れて、悪い部分は改善していく。

そうして「バランスをとりながら、未来へ進んでいく」そんなことがとても大事だと思っているんです。

■伊藤

トージバの場づくりで、イメージしているようなものってあるのですか?

■神澤さん

コミュニティっていろんなものが過去にもあったと思うのですが、今コミュニティとして求められているのは、「ゆるい繋がり」のような気がします。

だれでも、フラリきて、普通に居場所があるような。

半農半Xの塩見さんが「普通の人」でいいるということにこだわっているけれど、僕はその考えにすごく共感していて、普通の人が普通に来て、だれでも出来るというようなことがしたいんですよ。

これからの世の中って、一部の人だけじゃ変わらない。沢山の「普通の人」1人1人の意識が変わっていくことがとても大切だと思っているのす。

だから、普通の人が普通に入ってこれる場所。ゆるくて、間口が広くて、入りやすくて、気軽。これらはいつもイメージしていますね。

 

■伊藤

今週末に、大きなイベントがあるのですよね

■神澤さん

2007年11月11日(日)10:00-18:00 港区立芝公園で、
『土と平和の祭典』を行います。

http://www.tanemaki2007.jp/index.top.html

これは、1年以上も前から温めてきたイベントです。

歌手の加藤登紀子さんの夫で、大地を守る会の初代会長でもある、故・藤本敏夫さんが亡くなる前に残した「持続可能な循環型田園都市」構想というものがあって、この構想の中では「農業」を中核に据えた日本の地域社会づくりの必要性や、農家以外の方の農への参加の必要性などが書かれているのですが、コンセプトはこの構想からインスパイアされました。

どういったコンセプトかというと、農的幸福=土と平和」というキーワードのもと、「団塊の世代」と次世代をつなぐ「団塊Jr.」とを集結させようというものです。

年齢、年代にかかわらず多くの人とって、農にかかわってもらうきっかけになればいいなと思っています。

農的なこと、例えば種まきというのは、平和や幸せの象徴のようなものだと思っているのです。戦争にいった兵隊が種まきはしないですよね。平和でその土地に根ざしているからこそ種を蒔くわけじゃないですか。

そうした人を増えていけばいいなと思っているんです。

イベントでは、加藤登紀子さん、娘の藤本八恵(Yae)さんのライブや、セヴァン・スズキ、塩見直紀さんなどもゲスト出演されますし、野菜の販売もあって、やさい暮らしの農家さんでは、みやもと山や、レインボーファミリーさんも参加されますね。

ぜひ、皆さんで遊びに来てください。

 
トージバ
<トージバのHPはコチラ>
http://www.toziba.net/index.html

<土と平和の祭典の詳細はコチラ>
http://www.tanemaki2007.jp/sb.cgi?eid=27


特定非営利活動法人 トージバ
〒141-0033 東京都品川区西品川2-12-20
 
   


有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」会社案内 有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」プライバシー 有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」問い合わせ  
Copyright (C) agricoutre.inc. All Rights Reserved.