有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」
 
有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」

 
 
パーマカルチャー Parmaculuture
 
 
  パーマカルチャーとは?
 
「パーマカルチャー」という言葉を聞いたことがありますか?

「パーマカルチャー」とは、パーマネント(permanent 永久の)とアグリカルチャー(agriculture 農業)とをつなぎあわせてつくった言葉です。

1970年代後半にオーストラリアのビル・モリソン、デービット・ホームグレンによって提唱された、「持続可能環境を作り出すための『農』を基本としたデザイン体系」のことで、農を中心とした永続的に持続可能なシステムづくりを目指した学問・思想であり、実践技術です。

ちょっと分かりづらいですね・・・(笑)

簡単に紹介すると、「農を中心とした、持続可能な暮らしのしくみや考え方」と言いかえることが出来るかと思います。

例えば、鶏を飼って卵を産んでもらいつつ、糞は畑の肥料として使い、畑でできた野菜を食べさせるなんていう循環や、家の屋根の上で草木を育てることで夏でも涼しい部屋にするという省エネルギーの循環は、「パーマカルチャー」の代表的な具体例です。

「有機農業と一緒じゃない?」なんて声が聞こえてきそうですが、有機農業や自然農法などと、考え方は非常に近く、共通点はたくさんあります。根幹にある考え方が、できるだけ自然を破壊せず、共存していこうというものなので、自然と似てくるのですね。

違いといえば「パーマカルチャー」の場合は、範囲が農業に限定されず、建築であったり、庭のつくりかたであったり、人との関係だったりと、様々な分野で体系的に学問として、整理されている点でしょう。

 
 
  3つの基本原理
 
パーマカルチャーには以下の3つの基本論理というものがあります。

1:地球に対する配慮

2:人に対する配慮

3:余過剰分の分配

1:地球に対する配慮とは、
みなさんもよく御存じのように、自然を大切に、資源を無駄に使わないなど、地球を大切にしていこうという考えです。

2:人に対する配慮とは、
人間は自然を破壊するだけの力を持っていることから、人間が幸せである、満足できることが大切だというもの。もちろん、自然を破壊してでも人間のエゴを押し通すということではなく、暑くて辛いなら、「じっと我慢しよう」でも「クーラーをつけよう」でもなくて、「風通しの良い家づくりを目指そう」などというように、あくまでも自然と共存できる範囲内で、自分たちのことも大事にしようというような考えです。

3:余過剰分の分配とは、
そして、最後は「余った時間やお金やエネルギーはみんなで分配しましょう。」という考え方。余るということは、とても未来的な考え方だと思います。満足を知らなければ、余るということはありません。六本木ヒルズに住んでも、ロールスロイスがあっても、その人が満足できなければ、余剰分は生まれません。いつまでも、「もっと欲しい」から逃れられませんが、年収が300万円でも、幸せを感じる生活ができれば、余剰分は生まれます。世界は富が偏り過ぎています。余過剰分の分配ができれば、世界はもっと、しあわせになれるのに、と、思います。

 
 
  パーマカルチャーを勉強する学校
 
更に勉強されたい方は、神奈川県藤野市、長野県安曇野市、広島県尾道市、など全国各地で学べるスクールがありますので、ご参考にされてください。ちなみに、私はパーマカルチャーセンタジャパンで、勉強をしました。

●パーマカルチャーセンタージャパン(神奈川県藤野市)
http://www.pccj.net/

●シャロム・ヒュッテ(長野県安曇野市)
http://www.ultraman.gr.jp/~shalom/

●パーマカルチャー関西(広島県尾道市)
http://pckansai.exblog.jp/

●パーマカルチャーネットワーク九州(熊本県玉名市)
http://pcnq.net/

●パーマカルチャーネットワーク広島(広島県尾道市)
http://pcnhiroshima.no.land.to/

 
 
 

翻訳され、各国で読まれているパーマカルチャーの教科書的存在の本。

基本的なことから、応用技術までが掲載されていますので、一家に一冊あっても良いと思います。
 

安曇野シャロムヒュッテをとりまく、パーマカルチャリストたちがまとめた本。

上の本よりも、簡単に分かりやすく、パーマカルチャーが何なのかについて書かれてします。入門書として。
 
 
 
 


有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」会社案内 有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」プライバシー 有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」問い合わせ  
Copyright (C) agricoutre.inc. All Rights Reserved.