有機野菜・無農薬野菜 やさい暮らし

やさい暮らしは、有機農家を選んで有機野菜・無農薬野菜宅配する、野菜のセレクトショップです。有機農家のつくる心のこもった有機野菜・無農薬野菜を農家産直で宅配します。 
有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」
 
有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」

 
 
日本の自給率
 
 
「日本の自給率が低い」ということは皆さんご存じだと思いますが 、どのように低いのかご存知でしょうか?

今回は日本の自給率について、考えてみましょう。
 
 
 世界で比較してみると?
 
以下は、主要先進国の自給率の比較です。

「フランス」「米国」は、自給率100%を軽く超えており、「ドイツ」もほぼ100%を維持しています。

日本のように、国土の狭いイギリスでさえ61%と、半分以上を自給しているというのに、 私たちの国「日本」は、わずか40%しかありません。

■諸外国 食料自給率 (熱量ベース)

フランス 122 %
米国 121 %
ドイツ 99 %
イギリス 61 %
スイス 55 %
韓国 49 %
日本 40 %

【参考文献:食料・農業・農村白書平成15年度】
 
 
 自給率40%の内容は?
 

自給率40%の内訳は以下の通りです。

大豆は、お豆腐や、味噌、醤油の原料であり、日本人にとって欠かせない農作物なはずなのに、現在の自給率は、わずか5%しかありません。

また、周りを海に囲まれた島国でもあり、いくらでも魚がとれる国のように思えるのですが、魚介類も50%を切っています。

■ 主要農水産物の品種別自給率 14年度

96 %
小麦 13 %
大豆 5 %
野菜 83 %
果実 44 %
鳥卵 96 %
牛乳および乳製品 69 %
肉類 (鯨肉除く) 53 %
砂糖類 34 %
油脂類 13 %
魚介類 46 %

【参考文献:食料・農業・農村白書平成15年度】
 
 
  いつからこうなったの?
 
確かに日本の国土は狭く、アメリカのように広大な農地があるわけではありませんが、様々な工夫をしながら地形を生かし、日本に合ったものを栽培して、それらを食べることで、諸外国からの輸入に頼ることなくとも、暮していくことができたわけです。

いつからこのように、日本の自給率は低くなってしまったのでしょう。

以下が、昭和40年〜平成14年度までの、日本の自給率の推移です。


■ 我が国の食料自給率の推移(熱量ベース)

昭和
40年度


50年度


60年度
平成
7年度

12年度

13年度

14年度
73% 54% 53% 43% 40% 40% 40%


【参考文献:食料・農業・農村白書平成15年度】


昭和40年ごろは、どのような日本だったかというと、昭和39年に東京オリンピックが開催され、新幹線が開通し、日本が敗戦から、みるみる回復し、どんどん近代化して元気をつけていった時期です。

このころは、まだ73%もの自給率がありました。

その後の日本の生活においては、みなさまもよく知る通り、目覚ましい経済成長によって、私たちの生活は「豊か」になりました。

そうした豊さとは裏腹に、日本の自給率はどんどん下降してしまったのです。

 
参考

【HP】 農林水産省HP

【本】 食料・農業・農村白書平成15年度版
 
   


有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」会社案内 有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」プライバシー 有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」問い合わせ  
Copyright (C) agricoutre.inc. All Rights Reserved.