有機野菜・無農薬野菜 やさい暮らし

やさい暮らしは、有機農家を選んで有機野菜・無農薬野菜宅配する、野菜のセレクトショップです。有機農家のつくる心のこもった有機野菜・無農薬野菜を農家産直で宅配します。 
有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」
 
有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」

 
 
種にもいろいろあるんです
 
 


野菜の種って、小さくてかわいいですよね。

どれも同じように見える「野菜の種」ですが、実はいろんな種類があるんです。

その種類は、F1品種、在来種、遺伝子組換え種などと呼ばれていますが、ご存知ですか?

今回は、この「種」について、考えてみましょう。

 
 
 在来種・固定種
 

在来種・固定種と呼ばれているものは、私たちが想像する「昔ながらの種」のことです。

野菜や果物たちは自分たちの遺伝子を種に残し、その種が育つことでの保存をしようとしています。 生物の営みとしては、私たち人間が、子孫を残すために子供を産むことと同じです。 このような 自然のサイクルがありのままに保たれた種のことを、在来種や固定種と呼びます。

野菜の形は味の変化は、植物が風土の気候や特性に合うように、長い時間をかけて自然の変化をかさねながら、自然に行われたもので、人間の手は加えられていません。

日本各地でそれぞれの個性を紡ぎだしていった在来種・固定種の種の種類は多く、数えきれませんが、 代表的なものには、京都の万願寺とうがらし、加賀の加賀太きゅうり、東京の亀戸大根があります。

 
 
 
  F1・一代交配種
 

F1品種、一台交配種、一代雑種、ハイブリッドなどと呼ばれています。

これらは、「メンデルの法則※1」というものを用いて、人間が意図的に交配させることで、野菜に特定の性質を持たせた種のことです。

その特質とは、例えば、「発芽がそろうように」「甘みがあり、食味が良いように」「皮が暑く、運搬のときに傷がつかないように」など様々で、主には農業の生産効率を高めることや、市場に好まれる野菜を栽培することが目的に改良されています。

確かに、高機能な特質をもった種なのですが、残念なことにメンデルの法則によって、この「高機能な特質」は1代限りしか持ちません。

すなわち、その種から、種をとっても「高機能な特質」は継承されないのです。そのため、「高機能な特質」の恩恵にあずかるためには、毎年育種メーカーから、種を買わなければなりません。


※1メンデルの法則
このメンデルの法則を覚えていますか?AとBを掛け合わせると、1代目はAとBそれぞれの優勢の遺伝子のみが残るのですが、2代目以降からは劣性の遺伝子も出てきてしまうというものです。

 
  遺伝子組み換え種
 
言葉の通り、遺伝子を組替えて作った作物のことです。

人工的に遺伝子自体を組替えるので、自然な交配では決してできなかった品種の開発が可能です。

例えば、 野菜と魚、野菜と動物、といった種の異なるもの同士の遺伝子を組み合わせることもできるのです。

現在、 商用に栽培され、日本にも輸入されている代表的なものとしては、特定の除草剤の作用を受け付けなくなるタンパク質をつくる遺伝子を組み込んだ「除草剤耐性大豆」や、特定の害虫を殺すタンパク質を微生物から取り出して組み込んだ「害虫抵抗性トウモロコシ」など。

これらは、法律に基づき、輸入や加工がされていますが、長期的に遺伝子組換え植物を食べ続けたことや、遺伝子組換え食物を餌として食べた動物の肉を長期的に食べ続けたことは、まだないため、これらが長期的に安全であるかは、未知の領域です。

現在、日本での商用栽培はされていませんが、一度栽培をされてしまうと、たとえ限られた地域での栽培であっても、花粉が飛ぶことによって遺伝子組換え食物の遺伝子が、それ以外の植物と交雑してしまうことが考えられるため、その影響は広く及ぶことになるでしょう。
 
   


有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」会社案内 有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」プライバシー 有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」問い合わせ  
Copyright (C) agricoutre.inc. All Rights Reserved.