有機野菜・無農薬野菜 やさい暮らし

やさい暮らしは、有機農家を選んで有機野菜・無農薬野菜宅配する、野菜のセレクトショップです。有機農家のつくる心のこもった有機野菜・無農薬野菜を農家産直で宅配します。 
有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」
 
有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」

 
 
F1、一代交配種、ハイブリッド
 
聞きなれない名前ですが、実は私たちにとって、とても身近な存在です。
なぜなら、市場に流通する野菜の多くが、この種類の種から作られているからです。
 
 
 F1、一代交配種、ハイブリッドとは
 

バイオテクノロジーの技術を使い、特定の特質を持たせることを目的として「意図的に育種」された種のこと。

良い点は、人間の都合に合わせた品種改良ができることで、「日持ちがする」「発芽がそろう」など様々な要望を実現した種が販売されています。

悪い点は、F1種の野菜から種取りをしても、次の世代からは、良い特質だけではなく、悪い特質も出てきてしまうところです。そのため、毎年、種屋から種を買わなければならないことです。

 
 
 なぜ生まれたの?
 

野菜に携わる仕事をしていれば、当然のごとく、様々な要望が生まれます。

農家だったら、「もっと計画的に栽培出来ればいいのに・・・。」

流通業者だったら、「もっと日持ちがして、傷がつきづらければいいのに・・・・。」

そして、私たち消費者も、スーパーマーケットなどで綺麗な野菜を手にとっているのなら、「綺麗な野菜で、大きい野菜がいいわ」、と、潜在的に思っているのかもしれません。

このような、様々な要望をかなえるために、メンデルの法則というものを利用して「意図的」に育種をした種のことを「F1、ハイブリッド、一代交配種」と呼びます。

これにより、「発芽がそろう」とか、「日持ちが良い」とか、「緑が濃くて見栄えが良い」などの、意図的な特徴を持たせた種を作ることができるようになりました。

 
 
 いいことばかりじゃないの?
 

残念なことに、「F1、ハイブリッド、一代交配種」の種をつくる、基盤となっているメンデルの法則は、AとBとを掛け合わせた時に、AとBの良いところだけを受け継ぐことができるというもの。

しかし、残念なことに、良いところだけを受け継ぐのは、一代目のみで、 二代目、三代目となると、AとBのもつ悪いところも、出てきてしまうのです。

そのため、毎年、同じメリットを享受したい場合は、毎年種を買わなければなりません。

ある意味では、育種メーカーが費用ををかけて研究・開発をしたのですから、毎年購入することが当然といえば当然ですが、「命を紡ぐ種」という意味は薄まってしまいました。

 
 
 
 


有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」会社案内 有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」プライバシー 有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」問い合わせ  
Copyright (C) agricoutre.inc. All Rights Reserved.