有機野菜・無農薬野菜 やさい暮らし

やさい暮らしは、有機農家を選んで有機野菜・無農薬野菜宅配する、野菜のセレクトショップです。有機農家のつくる心のこもった有機野菜・無農薬野菜を農家産直で宅配します。 
有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」
 
有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」

 
 
キャベツ
 
分類 アブラナ科 アブラナ属
原産地 ヨーロッパ
学名 Brassica oleracea
英名

cabbage

仏名 chou
和名 甘藍(かんらん)
 
 
 
 

ダイコンは、品種によって様々な旬がありますが、大きくは、春と冬の2つの旬があります。

【春キャベツ】 5月〜6月ごろ

秋から冬に種を蒔き、春から初夏にかけて収穫されるタイプ。巻きがゆるく、葉は内側まで緑色をしていて柔らく、みずみずしいので、生で食べたり、軽く炒めて食べるとおいしい。

【冬キャベツ】 11月〜1月ごろ

夏に種を蒔き、冬に収穫されるタイプ。
巻きが固く、荷崩れしにくいため、ロールキャベツなどの煮込み料理に向いています。

 
 
 保存方法
 

【保存場所】  冷蔵庫の野菜室、冬場は冷暗所でも


【おいしい保存ポイント】

1) まるごとの場合
  まるごと届いた場合は、ビニール袋に入れて、冷蔵庫の野菜室へ入れてください。キャベツはもともと長持ちしやすい野菜ですが、芯の部分をきり抜き、水にひたしたキッチンペーパーをあててあげると、元気に長持ちします。

食べるときは、外皮からむいて使ってください。カットしてしまうと、その部分から痛みが出てしまいます。
   
2) カットしてある場合
  切り口から痛んでいくので、なるべく早く食べてください。切り口は必ずラップでくるんで、空気に触れないようにして、冷蔵庫の野菜室で保管しましょう。


【食べきれないとき】

1) お好み焼き
  お好み焼きというより、千切りキャベツを焼いたぐらいの勢いで大量にいれたお好み焼きは、キャベツを大量に食べられて、カロリーも控え目なので、ダイエットにも向いています。ダイエットとして食べる場合は、くれぐれも、マヨネーズの量を控えめに。

小麦粉をだし汁で溶いたものに、キャベツを千切りにしてたっぷり入れます。あれば、 干しエビや、干しイカ、卵などを入れるとよりおいしいです。油で焼いて、ソースやお醤油をかけてどうぞ。
   
2) ポトフ
  キャベツを大きめに切って、ニンニクやショウガと共に油で炒めた後、スープストックで煮込んでください。肉類や、あまった野菜などがあれば、いろいろ入れると、味わいが深くなっておいしいです。キャベツの1/2個ぐらいでしたら、すぐに食べられます。

まとめて、 作っておくと、朝ごはんや、昼ごはん、ちょっと小腹がすいたときにたべられて重宝します。肉類を沢山入れすぎなければ、カロリーも低いので、ダイエットにも向いています。
   
3) かるく茹でて、冷凍
  適度な大きさに切ってから軽く茹で、覚ました後、冷凍用のタッパーやラップにくるんで冷凍すれば、1か月ぐらいはおいしくいただけます。食べるときは、自然解凍か、レンジで。

時間があれば、ロールキャベツにしてから冷凍保存すると食感も変わらず、解凍してすぐに食べられるので、さらに良いです。
 
 
 栄養素
 

有名な胃腸薬についた名前「キャベジン」は、キャベツに含まれる水溶性ビタミン「キャベジン」が由来となっており、胃炎や胃潰瘍の回復に効果があると言われています。

また、ビタミンC、アミノ酸、カルシウムが豊富です。

 
 
 歴史
 

古代ギリシャ・ローマ人も食べたと言われる、世界最古の野菜の一つ。 ただし、もともとの野生種はケールのような、不結球のものでした。

日本には、18世紀初頭の江戸時代に、オランダ人が長崎へ持ち込んだと言われており、当時は食用ではなく、葉ボタンとして鑑賞用とされていました。

食用として本格的に広がったのは幕末以降で、外国人居留地向けにつくっていたものが一般に広がったとされています。

 
 
 
【参考:】
花図鑑 野菜 草土出版
食品成分表 大修館書店
野菜の便利帳 高橋書店
冷凍・保存使いこなし事典 主婦の友社
 
 
 


有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」会社案内 有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」プライバシー 有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」問い合わせ  
Copyright (C) agricoutre.inc. All Rights Reserved.