有機野菜・無農薬野菜 やさい暮らし

やさい暮らしは、有機農家を選んで有機野菜・無農薬野菜宅配する、野菜のセレクトショップです。有機農家のつくる心のこもった有機野菜・無農薬野菜を農家産直で宅配します。 
有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」
 
有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」

 
 
カブ
 
分類 アブラナ科 アブラナ属
原産地 中央アジア、ヨーロッパ西南部
学名 Brassica campestris
英名

turnip

仏名 navet
和名 くくたち、かぶら、あこな、すずな
 
 
 
 

ダイコンは、品種によって様々な旬がありますが、大きくは、春と冬の2つの旬があります。

【春】 4月〜6月ごろ

春に種をまき、春〜初夏にかけて収穫するタイプ。みずみずしいので、生でサラダやお漬物にしていただくと、おいしいです。

【冬】 10月〜12月ごろ

秋に種をまき、冬に収穫するタイプ
。寒くなるにつれ、身がしまり、甘みがのって、美味しくなります。煮込み料理に向いています。

 
 
 保存方法
 

【保存場所】  冷蔵庫の野菜室、冬場は冷暗所でも


【おいしい保存ポイント】

1) 届いたらスグに葉を落とす
  届いたらすぐに葉を切り落としてください。そのままにしておくと、葉が栄養をどんどん吸収してしまうので、根野部分がしなびてしまいます。
   
2) 葉も根もビニールにくるんで
  葉はもちろんのこと、根の部分も乾燥には弱いので、それぞれビニール袋に入れて冷蔵庫で保管してください。特に葉の部分はそれほど日持ちはしないので早めに食べましょう。


【食べきれないとき】

1) 葉は軽く湯がいて冷凍
  葉の部分は日持ちがしないので、すぐに食べられそうになければ、さっと湯がいてから熱をとり、適当な大きさに切って、ラップや冷凍用のビニール袋に入れて冷凍しましょう。
   
2) 即席ポタージュに
  ひたひたになる程度のお水と昆布で煮て、やわらかくなったら、フードプロセッサーやミキサーで潰します。塩で味を整えれば、和風ポタージュになります。1人分で2個は食べられます。
 
 
 栄養素
 

根の部分の栄養素は大根と似ており、ビタミンB1、B2、C、カルシウム、カリウムが含まれます。また、分解酵素のアミラーゼも含まれており、消化を助けル働きがあるので、胸やけのときなどに食べるとよいでしょう。

しかし、実は葉の部分のほうが栄養があり、カロテン、ビタミンB1、B2、C、カルシウム、カリウム、鉄が多く含まれています。葉も残さずに食べましょう!

 
 
 歴史
 

原産地は中央アジアという説と、ヨーロッパ南西部も含まれるとされている説とがあります。

日本での生産の歴史は古く、日本書記に記載されているほどで、日本各地には多種多様なカブの品種があります。


これほど様々なカブの品種があるのは渡来の方法が変わっているからです。

東日本へは朝鮮半島からヨーロッパ型のカブが渡来し、西日本へや中国経由でアジア型が渡来したと言われています。そのため、一言に「カブ」とは括れないほど、実に様々な品種が存在しています。

 
 
 
【参考:】
花図鑑 野菜 草土出版
食品成分表 大修館書店
野菜の便利帳 高橋書店
冷凍・保存使いこなし事典 主婦の友社
 
 
 


有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」会社案内 有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」プライバシー 有機野菜・無農薬野菜の「やさい暮らし」問い合わせ  
Copyright (C) agricoutre.inc. All Rights Reserved.